画像

画像

小分類タイトル

毎年4月19日は「収育の日」

協会では、収育の重要性を知り、実践し、見つめ直すきっかけとして、毎年4月19日を「収育の日」と制定し、私たちの明日を育む合言葉「収育」を多くの方々に知っていただきたく記念の日としております。
。

「収育」をより多くの方々に。

収育の大切さと素晴らしさを多くの方々に知っていただくため、考えるきっかけとなる働きかけが重要でした。私たちは1年のうち1日だけでも、全国の皆様に片づけを通して生きる力と知恵の育む「収育」と向き合ってもらいたいという想いで記念日を制定いたしました。
2016年4月には(社)日本記念日協会に認定・登録された正式な記念日です。

収育を知り、実践し、見つめ直す日として。

子どもとの関わり方、教育のカタチの一つとして片づけを通しての育みを考える「収育」を知るきっかけの日に。

収育はご自身が方法を知り、実践することで初めて活かせる暮らしの知恵です。収育を実践するスタートの日に。

子どもの年齢や環境の変化により収育の方法も変化していきます。これまでとこれからの収育を見つめ直す日に。

ページトップへ

Copyright© 2014-2016 一般社団法人 日本収納検定協会 All rights Reserved.
収検® (登録第5748323号商標)|収育®(登録第5573058号商標)は当協会の登録商標です。
〒106-0043 東京都港区麻布永坂町1番地麻布パークサイドビル203号