収検 | 一般社団法人 日本収納検定協会 > 最新のお知らせ > イベント情報 > 2016年4月19日「収育の日」 “収育お茶べり会” レポート

画像

2016年4月19日「収育の日」 “収育お茶べり会” レポート

20160419_ocha

 


 
Print
 

2016年4月19日は私ども協会にとって大切な日である「収育の日」を記念して、お片づけと収育を見つめ直し、意見交換と交流を目的としたイベント、「収育お茶べり会」!を開催いたしました。
 
お茶とお菓子を楽しみつつ、お片づけに思い入れのある方々に集まっていただき、収納王子コジマジックと「収育」について色んなお話をざっくばらんにお茶べりしましょうというフレンドリーなイベントです♪
 
午前と午後、合わせて30名を超える方々にお集まりいただき、大変盛況な会となりました。

 


 


まずは、コジマジックからの挨拶でスタート。「収育の日」は4しゅう19いくの語呂合わせであり、収納検定の記念すべき第1回開催日でもあります。2015年に制定し、本年には「日本記念日協会」様に正式に記念日認定していただき、多くの人たちに「収育」のきっかけとなる日として認知していただきたい思いを皆様にご説明させていただきました。

 


 

協会認定の「収育士」の面々も勢ぞろい。
みなさまに楽しんでいただけるよう、協会本部のある麻布十番で評判のおいしいお菓子を取り揃え、エプロン姿でみなさまをお出迎え。
検定やセミナーでは受検者様がわも、運営側も緊張しておりますので、和気藹々と楽しめるお茶べり会は協会としても楽しみなイベントの一つです。

 


 


開催前に概ねプログラムを考えておりましたが、連日熊本・大分を中心とする九州の広範囲で大きな地震が発生していた時期でもありました。
「明日につながる行動を」という思いで、せっかくお片づけの意識が高い方々が集まるのなら「減災」の観点からお片づけ見つめ直し、今後に活かせる有意義な意見交換の時間にしようと考えました。
 


 
東北の地震の際に被災された方の経験談、熊本に親しい方がおられ現在の状況を教えてくださった方もおられ、収育士がとりまとめ役となり、ご参加者の方々からたくさんのご意見を頂戴することができました。「心地よい暮らしは安心安全の上に初めて成り立つ」ものなのだと改めて考えさせられる貴重な時間となりました。

 


 




大切な学びを共有するためには、交流も大切。
平日の貴重な時間を割いてお集まりいただいた皆様にコジマジックよりサプライズ!
材料と器具を自宅から持参し披露したのは
「手作りフワトロホットケーキ」」そして「作りたてあったか豆乳」を皆様の目の前で調理し召し上がっていただきました。
「お店のやつみたい!」と大好評でした♪

 


 

ただ参加者の方々的には、目の前のホットケーキよりも料理をしているコジマジックが珍しく映ったのか、調理中は大撮影大会となり和やかなムードが一気に広がりました。
甘い香りと、ほがらなか笑い声が会場をつつみ、皆様との楽しい時間の共有にスタッフ一同幸せに包まれました。

 


 

もちろん、参加者様同士の交流も活発に行われておりました。名刺交換や、情報交換、そしてお片づけにまつわる楽しい会話など、同じ好きなことを共有する方達同士、意気投合するのも早いなぁという印象を受けました♪
「収育」の輪はこうした会話や笑顔から広がっていくのかもしれないと感じた瞬間でした。
 


 

そして最後は"収育の日記念"ならではの「お土産抽選会」を実施。
コジマジック厳選のお片づけグッズや限定Tシャツなどをプレゼント!
当たった方も、はずれた方も楽しそうな笑顔を見せていただき、午前・午後とも非常に楽しく、そして有意義な大団円で幕を閉じました。

 


 


実は、大変な盛り上がりを見せ、午前は1時間、午後は30分も時間延長となりました(笑)
最後はいつも通り皆様と記念の1枚をパシャ☆
今回、関東近郊の方に加え遠くは「長野」や「愛知」からもご参加いただきました。
まだまだ小規模な「協会」であり「収検」ではありますが、全国の方々とこのように心を通わせる機会を今後も是非作っていきたいと強く思った1日となりました。
協会や収検に対するご要望やご指摘、リクエストなどの意見もたくさん頂戴することができましたので、今後の運営に活かして参りたいと思います。
しっかり収育と向き合い考える4月19日「収育の日」。
心地よい暮らしのきっかけとして、みなさまもこの日をご記憶に留めていただき、片づけや収育への行動に移していただけると幸いです。

 


 

〜参加してくださったすべての人に〜

[代表小島より]

協会本部でははじめての試みとなった「収育お茶べり会」ご参加してくださった皆様、ありがとうございました。地震や災害で大変なことがたくさん起こっている状況の中、開催自体が正しいことなのかを考えたこともありましたが、多くの方々から「明日につながる行動」の第一歩となるご意見を頂戴でき、協会としても、片づけに関わる一人のプロとしても大変実りのある時間となりました。人々の暮らしを心地よく変えていく行動は簡単なことではありませんが、「収検」そして「収育」を通して少しづつでも多くの方々に伝えていけるよう今後も精進してまいりますので、協会共々宜しくお願い申し上げます。

 


 

お会いしたすべての皆様に、ありがとうございます!
収検は、これからお片づけに興味を持たれる方にも、気軽に受検していただける、お片づけの入口の様な存在を目指しています。ぜひ収検がめざす「収育」にも興味を持っていただければ幸いです。

 

投稿日:2016年04月28日
ページトップへ

Copyright© 2014-2016 一般社団法人 日本収納検定協会 All rights Reserved.
収検® (登録第5748323号商標)|収育®(登録第5573058号商標)は当協会の登録商標です。