収検 | 一般社団法人 日本収納検定協会 > 最新のお知らせ > 協会情報 > 2016年6月11日初開催 “こども収検” in東京 レポート

画像

2016年6月11日初開催 “こども収検” in東京 レポート

20160611_repo_top

 


 
repo_20160611_3ren 

2016年6月11日、協会本部にて
念願のこども収検を初開催いたしました!
 
3〜6歳の幼児向け「収検5級」、小学1〜3年生向け「収検4級低学年」、
小学4〜6年生向けの「収検4級高学年」と3つの年代別で受検級を選べ、
親子でお片づけを楽しむきっかけとしてお役立ていただける
日本初のこども向けのお片づけの検定です。
 
「お片づけとの出会いを楽しいものに」という想いでつくったこの検定、
こども達が笑顔になれる学習方法を様々考えこの日を迎えました。

 


 


こども収検は、3つの年代で級が分かれていますので3名の収育士がそれぞれの担当につきます。
◆5級幼児向担当:堀江梨江
◆4級低学年担当:臼井由美
◆4級高学年担当:田中実恵
「お片づけ+α」の得意分野をもつ第一線の収育士がそれぞれ受け持ちました。
 


 
こども収検で特に力を入れているのは、
楽しさとわかりやすさ
楽しくなければ知りたいと思わない。楽しくても分かりにくければ伝わらない。そんな想いを念頭に置きながら数ヶ月にも及ぶ内容策定とトレーニングを経て当日の検定日を迎えました。
とはいえ日本初=お手本が無い!
何回練習しても「伝わるかな」「楽しんでくれるかな」と収育士たちにも緊張が走ります。当日は早朝集まり各々自主練習を重ね、こどもたちをお出迎えいたしました。
 


 




【収検5級スタート♪】
午前中は幼児向けの収検5級を開催。申込受付後にすぐに満席となったのがこちらの検定。こどもたちは元気な笑顔で教室に入ってくれました。
幼児の期間はお片づけを「一緒に楽しむ」ことが大切。保護者の方も隣に座ってもらい、一緒に話を聞いていただきました。収育士からの質問にも「はーい」と元気に手をあげてくれます。
 


 

まずはこども達に分かりやすくお片づけを伝えるために、協会オリジナルの「紙芝居」を楽しんでもらいました。呪文のように唱える"お片づけの魔法"も、みんなそろって大きな声で言ってくれました。こども達の真剣な眼差しが紙芝居にあつく注がれています!
 


 

紙芝居で大切なことを学んだあとは、こちらも協会オリジナルのシール教材を使用したワークショップ形式のお片づけ授業。"こどもコジマジック"が登場するこちらの教材は、絵を作りながらお片づけの基礎を学べるシールブック。
ご自宅でも検定と同じように収育を続けていただけるように、持ち帰っていただけるように制作いたしました。
こども達も絵作りに夢中になりながらも、しっかりとお片づけの基礎を学んでくれたようです。

 


 

紙芝居でのお話と、シールによるワークショップの後は、保護者の方に向かって幼児期に必要な収育のお話をさせていただきました。そして!検定を最後まで受けてくれたこども達は見事収検5級合格となります!初めてお片づけと向き合ったこと自体、大きな一歩。その頑張りを称えて収検5級合格認定証を授与!メダルタイプなのでこども達も喜んでくれました。
 

こども達も保護者の方々も、晴れやかな笑顔で検定を終了。お片づけの魔法の言葉をいつまでも忘れずに、お片づけを楽しんでくださいね。

 


 




【収検4級低学年スタート♪】
続いて、お昼からは小学1〜3年生向けの収検4級低学年を開催。この年代のこども達は、お片づけという言葉は知っているものの、その適切な方法を学んだことの無い子たちがほとんど。学校で使う身近なモノを題材にお片づけの基礎を写真フリップを使い、ゲーム性を取り入れながら楽しく伝えていきます。
 


 

「これはどこにあるかな?」
「見て、こんなに綺麗になったね」
など、こども達と会話する感覚で「お片づけをするとこんなにもスッキリと気持ち良くなるんだよ」という、シンプルだけどお片づけの最も素晴らしい部分を知ってもらいました。真剣な表情と笑顔のコントラストがとっても魅力的です。
 


 

写真フリップでの授業の後は、シール教材を使用したワークショップ。5級とは内容が違い、学校で使うモノの片づけを練習できるシールブックです。授業をまとめた「レジュメシート」や、保護者の方向けの「収育メモ」なども掲載しており、こちらもご自宅での収育に十分お役立ていただける教材となっております。「教材もついてこの値段で受検できるんですか?」と改めて確認される方もおられるほど、お得すぎる検定なんですよ♪

 


 

幼児期とくらべ、学校や習い事のモノなど急にモノが増えるこの年代。保護者の方の接し方が非常に大切な時期となりますので、授業終了後は収検4級でも保護者の方々に向けた収育に関するお話をさせていただきます。そしてこども達には、がんばった証として収検4級合格認定証を授与! よく頑張ったねと認めてあげることも、成功体験をつむ上ではとても大切なことですよね。

誇らしげにメダルを掲げるこども達に、「お疲れ様これからもお片づけ好きでいてね」と想いをこめて笑顔をパシャ☆こうして一人一人、お片づけが楽しいと思ってくれるこども達が増えることが私たちの祈りでもあります。

 


 




【収検4級高学年スタート♪】
この日の最後は小学4〜6年生を対象とした収納検定4級高学年を開催。低学年と基礎部分は一緒ですが、高学年は自分で管理するモノの数とエリアが広がるため、知っておくべきことも変わってきます。こども達の「自分自身で学んでいる」という意識も大切にするため保護者の方には参観形式でご参加いただきます。
 


 

授業は写真フリップを使いながら、低学年よりも一歩進んだ内容をお伝えします。一方的に投げかけるのではなく、質問や意見を聞くなど参加意識を大切にしながら進めていきます。最初は照れくさそうにしていたこども達も、お片づけの楽しさを知っていく中で積極的に手を上げてくれる場面も見せてくれました。

 


 

高学年では授業内容を詳細に記載した協会オリジナルの4級用「テキストブック」を配布いたします。話の中で分からなくなったらテキストを見て理解し、その場で疑問を解消してもらいます。そして授業を終えるとお片づけの「ミニペーパーテスト」で力試し。インプットの直後にアウトプットすることで理解力は格段に違います。その後おさらいしながら答えあわせをしますので、テストは間違っていてもOK!1日通してじっくり片づけの基礎を身につけることが大切です。

 


 

他の級よりも時間の長い4級高学年。本当にみんな頑張りました!もちろん保護者の方に収育のポイントをお伝えし、こども達には収検4級合格認定証を授与! 今回は高学年もメダル形式ですが、カードタイプに変更予定。1日がんばった自分を誇らしく思ってもらうことも、モチベーションを保つ大切な要素だと協会では考えております。

高学年になると学校のモノ、習い事のモノの他に、自分が大切にしている宝物が増えてきます。モノを大切にするためにもお片づけは大切、というメッセージがこども達に伝わるように検定内容も日々バージョンアップしてまいます。

 

nws_kyokai_20160611_18_3ren
 

検定終了後は恒例のみんなで記念撮影♪ こども達も保護者のみなさまもとってもいい笑顔。たった数十分の検定でも、新しいことに触れたこども達の顔はどこか成長をとげたようなキリッとした顔にみえます。帰り際にはメダルを何度も見たり、お片づけの魔法を口ずさんだりしながら会場を後にされていました。初の開催となったこども収検、ご参加いただいた皆様ありがとうございました!これからもお片づけをたっぷり楽しんでくださいね!

 


 

〜受検してくださったすべての人に〜

[代表小島より]

子どもたちがキラキラした瞳で一生懸命お片づけを学ぶ姿。この光景が見れただけで、今まで必死で頑張ってきた甲斐がありました!
ご参加いただいたたくさんのお子さまたち、そして保護者の皆さま、本当にありがとうございました。そして講師を担当してくれた収育士の臼井由美・田中実恵・堀江梨江。3人には本当に感謝しかありません。今回見えた改善点や皆さまからのご意見を参考にさせていただき、さらに良い形で収育が伝えられるよう収育士一同努力して参ります。

今後も各分野で活躍する「収育士」を講師とした「収育お片づけセミナー」を定期的に開催してまいります。
少しでもお片づけに興味がおありな方はぜひご参加してみてくださいね♪
 


 

お会いしたすべての皆様に、ありがとうございます!
収検は、これからお片づけに興味を持たれる方にも、気軽に受検していただける、お片づけの入口の様な存在を目指しています。ぜひ収検がめざす「収育」にも興味を持っていただければ幸いです。

 

投稿日:2016年06月19日
ページトップへ

Copyright© 2014-2016 一般社団法人 日本収納検定協会 All rights Reserved.
収検® (登録第5748323号商標)|収育®(登録第5573058号商標)は当協会の登録商標です。
〒106-0043 東京都港区麻布永坂町1番地麻布パークサイドビル203号